特定非営利活動法人 TICO(ティコ)

サポート支援事業 No.18

サポート支援事業 No.18

トップ > サポート支援事業 No.18

小規模農村開発ローン 個別事業紹介

ザンビアの村おこしにあなたも投資してみませんか?

チペンビ小規模農村開発ローンは、WAHEプロジェクト(干ばつに強い村作り)の中の1部門です。今までの援助形態とはちょっと違う、新しいタイプの援助です。LinkIcon小規模農村開発ローンとは?

サポート支援事業 No.18

養鶏(Village Chicken :地鶏)
対象グループ名:カリヤンギレ

2007年6月に発足したこのグループ。発足直後の昨年7月、タックショップで申請がありましたが、グループ活動経験がなかったことから、申請を却下していました。その後、共同菜園を行なったり、炭を作って販売したりと活動をしながら、「活動の様子を見に来てほしい。」と連絡をくれるなど、なかなか活動熱心なグループです。

18 kaliyangile 01.png地鶏用の小屋

18 kaliyangile 02.png  カリヤンギレのメンバー

グループのデータ
会員数: 16名(女性8名、男性8名)
今年の予算: 約50、000円
主な使用目的: フェンス用材料の購入、卵を持った雌鳥の仕入れ、餌と必要な薬の購入
過去の活動: 共同菜園、炭の販売
将来の希望: 搾油機の導入、ヤギの飼育

以下のような理由から活動内容を地鶏に決めました。

  • 近くで活動するグループが、タックショップを始めたこと(申請内容の変更)
  • 鶏、特に地鶏の需要は高いこと
  • ブロイラーに比べて経費をかけずに飼育できること
  • 雛を購入する必要は無く、たまご→ヒナ→飼育/成長→たまご/販売/ヒナと自分たちでローテーションをまわせること
  • すでに地鶏を出資しあい、グループの財産として地鶏を所有していること


P4281814.JPG

通常、地鶏は庭を自由に走り回り、特別に餌をたくさんもらうこともないので、ゆっくりと成長します。「ビジネス」として地鶏を飼育するため、フェンスで囲い、餌を与えつつ育てる計画です。
グループ名「カリヤンギレ」の意味は、Self Sustain(自立して活動を続けられること)。その名のとおり活動が続くように、まだ若いこのグループは努力しています

一般的に地鶏は村でよく見られます。
そのためか、ブライラーと区別するときは「ヴィレッジ・チキン」と呼ばれます。