特定非営利活動法人 TICO(ティコ) CAFアメリカ

サポート支援事業 No.12

サポート支援事業 No.12

トップ > サポート支援事業 No.12

小規模農村開発ローン 個別事業紹介

ザンビアの村おこしにあなたも投資してみませんか?

チペンビ小規模農村開発ローンは、WAHEプロジェクト(干ばつに強い村作り)の中の1部門です。今までの援助形態とはちょっと違う、新しいタイプの援助です。LinkIcon小規模農村開発ローンとは?

サポート支援事業 No.12

古着と雑貨販売事業
対象グループ名:ティグウィリザーネの会

ティグウィリザーネの会があるチペンビエリアでは、牛肉の購入が非常に困難な状況にあります。マーケットは遠く、近隣畜産家から直接買うには一頭丸ごと買わなくてはいけませんが、それは個人もしくは小規模グループにはとても自分で出せる金額ではありません。近くの学校が、月に一度飼っている牛を一頭さばいて販売しますが、買いたい人が多すぎて手に入らないことがよくあります。

こんなに需要があるのに、なかなか手に入らない牛肉。そこでティグウィリザーネの会は、現行の魚販売に加え、牛の買い付けと牛肉販売を活動に加えたいと考えています。

牛肉の販売は、元手は高くつきますが、一回に得られる利益も大きく、それによって自分の家族のみならず、エリア内の孤児たちのサポートもしたいと考えています。

10tig01.jpg

グループのデータ
会員数:10名(女性10名)
今年の予算:約27,000円
過去の活動:魚の販売
将来やりたい事:牛肉の買い付け販売から牛の飼育販売へ拡大したい

ザンビアには孤児がたくさんいますが、彼らの学費、衣服にかかるお金をサポートすることで、孤児の世話をしている家庭の負担が随分軽減されます。また、動物性たんぱく質の確保が難しいチペンビエリアにおいて、人々の栄養状態の向上にも貢献できると考えています。

10tig02.jpgリーダーのイネス・シルンブウェさん
私たちの家庭では、夫の収入だけではなかなか生活が成り立たないんです。メンバーの中には、夫が農業大学で講師をしている人もいるんですけど、大学自体が経営難で給料が遅れていて、毎月のやりくりが大変なんです。
 弱い立場の女性である私たちですけど、力をあわせて牛肉販売を成功させることで、家族の助けになりたいんです。また、近所にたくさんある孤児を抱える家庭へのサポートもぜひ行いたいと思っています。日本の皆さん、ぜひ私たちに力を貸してください。