特定非営利活動法人 TICO(ティコ)

東北地方太平洋沖地震被災地支援

東北地方太平洋沖地震被災地支援

トップ > 東北地方太平洋沖地震被災地支援

東北地方太平洋沖地震被災者へ緊急支援物資輸送完了。

0318.jpg
この度の東北地方太平洋沖地震災害で亡くなられた方々には心から哀悼の意を表すとともに、
被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。

私たちさくら診療所とTICOは多くの市民の皆様からの要請を受け緊急支援を行うことを決め、
県内外の企業や団体、個人のご協力とご支援をいただき、毛布、下着、生理用品、おむつ、
食糧などの救援物資を 3/18に4tトラック1台、3/21には10tトラック1台に満載し、
宮城県名取市と仙台市へ向けて輸送を行い、それぞれ3/20、3/22に目的地に無事届けることができました。

また、支援物資以外にも、東北国際クリニック(名取市)の桑山紀彦医師より要請を受け、0321.jpg
医薬品の提供と吉田修医師の派遣を実施しています(3/21~)。

ご協力いただいた皆様、大変お世話になりました。

支援の必要性は長期化すると考えられますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

東北地方太平洋沖地震被災地への人材派遣について

1)3月21日~4月1日

吉田修、モーリス・マーフィー
東北国際クリニック(名取市)応援、今後の支援のあり方の調査
※3月31日「ゴジカル!(四国放送)」に吉田が電話出演
LinkIcon※4月3日に報告会を実施(参加者約50名)

2)4月1日~4月6日

福士庸二、小野裕次、饗場和彦
石巻高校(石巻市)と矢本第二中学校(東松島市)での炊き出し、避難所でのコーヒーサービス
※4月6日「ゴジカル!(四国放送)」にて活動が取り上げられる
LinkIcon※4月10日に報告会を実施(参加者約20名)
※4月16日朝日新聞(徳島)に被災地でのコーヒーサービスおよび雑誌の収集のお知らせが掲載

3)4月18日~4月27日

吉田修、篠原弘子、傍示桂子、綾田早笑
永巌寺に建設した仮設風呂の当番、収集した雑誌の配布、避難所への支援物資輸送
4/21~22は指定避難所意外の避難所での健康診断、在宅訪問診療
※上記2つの活動はJIM-NETと連携
フェアトレード東北へ車両の貸与(さくら診療所の協力による)
4/23以降は東北国際クリニックを拠点に、避難所巡回、子どもたちとサッカー、サラダバーの提供

4)4月29~5月5日

大学生33名(男15名、女18名)
東松島市矢本でのがれき撤去、石巻市湊・渡波地区での健康状態、ニーズの聞き取り調査
※5月14日(徳島大学蔵本キャンパス)、5月25日(徳島大学常三島キャンパス)にて報告会を実施
※NPO法人フェアトレード東北と連携

5)5月23日~29日

橋本浩一(鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師)
宮城県大崎市鳴子温泉にてマッサージ治療(64人)
温泉街全体の避難者数は約1000人。
全日本鍼灸マッサージ師会を通じての要請に応えたもの。


※派遣期間は移動日含む

緊急支援のための募金を受け付けています。(終了しました。6/2)