特定非営利活動法人 TICO(ティコ)

お知らせ

ザンビア心臓血管外科技術移転事業についての報告(2019年10月7日分)

トップ > お知らせ > ザンビア心臓血管外科技術移転事業についての報告(2019年10月7日分)

ザンビア心臓血管外科技術移転事業についての報告(2019年10月7日分)

2019.10.15

TICOのザンビア心臓血管外科技術移転事業の一環として、2019年10月7日にザンビア大学付属教育病院にて手術を行いました。その状況についてご報告させていただきます。

 

心臓血管外科医 松村武史

 

2019年10月7日、ザンビア大学付属教育病院にて現地の心臓外科チーム及びTICOチームによりザンビア人の女性(25歳)の手術を行いました。

彼女は、すでに4か月前から心臓内の右心房に腫瘍が指摘されており、その腫瘍が血液の流れを悪くし、三尖弁の機能も悪くし、胸水や腹水を合併した重度の心不全の状態でした。TICOチームがザンビア大学付属教育病院を訪問した10月1日に手術の依頼が病院側よりありましたが、もう少し良くなってから手術したほうが望ましく、そうでないと手術のリスクが高すぎると判断させていただき、薬剤を調整しました。しかし利尿剤に対する反応も思わしくなく、日ごとに体重が増加し、酸素飽和度が低下していきました。

内科的な治療では死を待つばかりになるため、ご本人とご家族に対して主治医ムテマ医師と松村から病状説明を行い、リスクは高いのですが手術を行うしか選択肢がない事をお話し、手術に対する同意が得られましたので10月7日に手術を行いました。ムテマ医師が執刀し、日本人スタッフ3名(医師1名、看護師1名、臨床工学技士1名)がサポートしました。

 

手術では、開胸して人工心肺へと移行し、心停止下に腫瘍を摘出、三尖弁には問題ありませんでしたので右心房を閉じ、人工心肺を離脱しました。人工心肺離脱時には頻脈と血圧低下がみられ、肺高血圧も疑われました。そのため麻酔科による薬剤調整を行いました。状態は改善し、閉胸をおこなっていましたが、胸を閉じようかとする少し前に急に血圧が下がり徐脈となりました。不整脈の薬剤が投与されたのと時間的には重なります。すぐに装着されていたペースメーカーを作動させ、胸を再度開き、閉胸前の状態にしましたが改善が見られず、再度人工心肺を装着し、状況の改善を試み、手を尽くしましたが、あきらめないといけない状況になり、低心拍出症候群で死亡されました。人工心肺を離脱して閉胸してICUに入室、ご家族には主治医ムテマ医師と松村から説明をさせていただきました。病院へのインシデントレポートは10月11日に提出されました。

 

何も対処しないでいるより数日死期を早めた結果となりましたが、難しい事例だからと手術をせず、患者さまを見捨てる選択はできませんでした。もう少し早く手術できれば救うことができていたと思われます。そういう意味でも心臓手術ができる人材を育成する必要を痛感しています。

今後、同様に重症患者さんに出会った場合、今回の事例を踏まえた上でも、「救いたい」という想いは変わらないと思います。救える可能性が少しでもあると判断できれば、それにチャレンジしていきたいと考えています。

 

今回は患者さまの重症度が高く、相当な覚悟で臨んだ手術でしたが大変残念ながら患者さまを救うことは出来ませんでした。今後、彼女のように苦しんでいる方々を救えるよう、改めてチームメンバーのコミュニケーションを十分にとると共に、使用する機器や試薬類においても万全の準備を行い、手術を安全にかつ適切に実施できるよう配慮したいと考えます。

 

謹んで患者さまのご冥福をお祈り申し上げます。